紫外線対策

紫外線カットフィルム

紫外線カットフィルムは紫外線・日焼け対策になります。

太陽からの有害な紫外線(UV)は、日焼けやシミ・ソバカスなどの原因となり悪化すると皮膚炎や皮膚ガンなどを引き起こすと言われています。

また紫外線(UV)は、大切なお部屋の家具やカーペット・フローリングなどの日焼け・色褪せなど劣化の原因にもなります。

紫外線カットフィルムは、有害な紫外線(UV)を99%以上カットするので、お肌や家具・フローリングを有害な紫外線(UV)から守ってくれます。

つまり、ガラスフィルムがお肌の弱いお子様や女性、または家具を有害な紫外線(UV)をカットすることで守れます。

紫外線(UV)の99%以上をカットするので、室内の日焼けを予防しカーテン・フローリングや家具などの材質劣化を防止します。

そのうえ省エネ効果も期待出来るのと、日射の侵入による室内温度の上昇をガラスフィルムが紫外線を反射・吸収することで抑えて空調コストの削減にも貢献します。

紫外線の影響

1.シミ・ソバカス・色素沈着の原因に

まず、紫外線の悪影響から肌を守るための防御反応として、 表皮基底層のメラノサイトがメラニン色素を増やします。 健康的な肌であれば、新陳代謝により排出されるはずのメラニン色素ですが、場合によっては肌内部に残存し、肌の黒化、シミ・ソバカスの原因となってしまいます。 過度の日焼けは、メラノサイトのはたらきを活性化し、 恒常的にメラニン色素をつくり出すことにもなってしまいます。

2.真皮構造を変性させシワ・タルミの原因に

紫外線のうちUVAと波長の長いUVBは表皮を通り抜け真皮まで影響を及ぼします。 その結果、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などに支えられた真皮の層構造に損傷を与えます。 真皮の層構造が変性すると、肌は弾力性を失い、シワやタルミが発生します。

3.保湿機能を低下させ肌トラブルの原因に

紫外線は、皮脂膜・細胞間脂質・NMF成分の働きを弱め、肌の保湿機能やバリア機能を低下させます。

肌は潤いを失いかさついた状態となります。 肌荒れなど様々なトラブルが発生しやすくなり、肌老化を促進してしまいます。

4.活性酸素を発生させ肌老化を促進

紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生し、皮膚に存在する脂質を酸化させて過酸化脂質へと変えていきます。 過酸化脂質は、細胞の機能を低下させ、様々な肌老化の原因となってしまいます。メラニンの生成も一種の酸化作用であり、活性酸素の大量発生は、メラニンの増加にも関与しているとも言われます。

5.新陳代謝を乱れさせ肌老化を促進

紫外線は表皮細胞を傷付け、 肌細胞の再生(新陳代謝)に乱れを生じさせます。 その結果、排出されるメラニン色素が肌内部に残存し、 シミ・ソバカス・色素沈着となります。 また新陳代謝の乱れは、表皮角質層の保湿機能やバリア機能にも悪影響を与え肌老化を促進します。

6.遺伝子を傷付け皮膚ガンなどの原因に

紫外線は、細胞の遺伝子(DNA)を傷つけます。 通常は、遺伝子の傷は自然と修復されていきますが、 大量の紫外線を浴びてしまうと、その分多くの遺伝子が傷つき間違った修復(突然変異)が起こる可能性が高まります。これが皮膚ガンへと繋がる原因になります。 免疫力も低下させますので、出来たガン細胞を排除する機能も弱まり、感染症にもかかりやすくなります。
※ご注意
紫外線による日焼けはUVカットフィルムを貼ることで防げるですが、可視光線による日焼けは防げません。

ページの先頭へ